システム管理

シャットダウンイベントの追跡ツールを無効にする

Windows server では、シャットダウンや再起動をするときに理由の選択を求められます。

また、シャットダウンが正常に行われなかった場合も、次の起動時に理由の入力を求められます。

これらを表示しないようにする方法を紹介します。

設定手順

[スタート] を右クリックして [ファイル名を指定して実行] を立ち上げます。

[gpedit.msc] と入力して [OK] ボタンをクリックします。ローカルグループポリシーエディターが立ち上がります。

左ペインで、[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [システム] とたどり、[シャットダウンイベントの追跡ツールを表示する] を開きます。

[無効] に設定し [OK] で閉じます。

再起動すれば、以降「シャットダウン イベントの追跡ツール」は表示されなくなります。