Windows 10 の使い方

Windows 10 – アカウントの種類(管理者/標準ユーザー)を変更する

Windows 10 でアカウントの種類を変更する方法を紹介します。

アカウントの種類とは

Windows 10 では、アカウントの種類として「管理者」「標準ユーザー」の2つがあります。

管理者は、新しくアプリをインストールしたり、PC の各種設定をしたり、PC 内の全てのファイルにアクセスするなど、PC の全ての管理を行えるユーザーです。自分専用の PC であれば、ふつうは管理者として使用します。

標準ユーザーは、インストール済みのアプリを使用することはできますが、PC 全体の設定などはできません。他人に PC を貸す場合などは、標準ユーザーで設定しておくのが良いでしょう。

アカウントの種類の変更手順

[スタート] から [設定] を開きます。

Windows の設定が立ち上がるので [アカウント] を開きます。

左ペインにある [家族とその他のユーザー] を開きます。

右ペインで種類を変更するアカウントをクリックし、[アカウントの種類の変更] を開きます。

[管理者] または [標準ユーザー] のどちらにするか選択し OK をクリックします。

以上でアカウントの種類を変更できました。

上の例では管理者に変更なっていることが分かります。