システム管理

PowerShell – Windows Defender のウイルス定義を更新する

Windows Defender の更新は Windows Update を通じて行われるようになりました。

しかし、安定稼働が求められる PC では、Windows Update は行いたくないが、ウイルス定義ファイルだけは常に最新にしておきたいことがあります。

そのような場合は、PowerShell を使って Windows Defender だけを更新することができます。

Windows Defender の更新方法

PowerShell で次のコマンドを実行します。

PS C:\> &"C:\Program Files\Windows Defender\MpCmdRun.exe" -SignatureUpdate

次のように表示されれば更新完了です。

Signature update started . . .
Signature update finished.

更新がない場合は次のように表示されます。

Signature update started . . .
Signature update finished. No updates needed

これで Windows Defender を更新できました。