エクセルの関数

Excel – 空白セルの個数を数える COUNTBLANK 関数

COUNTBLANK 関数は、空白セルの個数を数える関数です。

COUNTBLANK 関数の書式

書式

=COUNTBLANK(範囲)

引数

セルの範囲を指定します。

COUNTBLANK 関数の使用例

指定した範囲で空白セルの個数を数える

例えば、C4 セルから C9 セルの中に空白セルがいくつあるかを数えるには、「=COUNTBLANK(C4:C9)」と入力します。

セルの数は 2 と数えられました。